とはいえ、多くの科学――分野で言えば、天文学、生物学、化学、物理学など多岐にわたる――の限界は、現在でも実際に見ることのできる範囲によって決まってしまう場合が多い。利用可能な最高性能の顕微鏡や望遠鏡で何を明らかにできるかにかかっているのだ。(『カルチャロミクス 文化をビッグデータで計測する』エレツ・エイデン、ジャン=バティースト・ミシェル:阪本芳久訳、高安美佐子解説)