この経典は一般に「法句経」(ほっくきょう)と呼ばれておりますが、正式名は「法句」です。少しややこしい話になりますが、経(sutta)とは、仏(Buddha)が語られたことば、あるいは法(Dhamma)の話、定義であり、散文形式のものをいいます。この「法句」の原名は「ダンマパダ」です。全体は散文のない韻文、詩句のみからなるもので、「経」という語がついておりません。伝統的な仏典の分類法においても、「経」に分類されず、「偈」(げ/詩句)に分類されております。(『「ダンマパダ」をよむ ブッダの教え「今ここに」片山一良
 鄧小平こそ反日の元凶なんですよ。
 江沢民がどうのこうのと言いますけれど、南京大虐殺の記念碑をつくったのは、鄧小平です。「南京大虐殺30万」と一番最初に言ったのは、鄧小平なんです。
(『戦争を作り報道を歪める者たちの正体 事件のシナリオを見抜かねば日本は再び戦場となる!菅沼光弘
 私が無知なだけかもしれませんが、たとえば、「英国がマレーシアや香港をレイプした」「スペインが南米諸国を犯しまくった」という喩えを聞いたことがありません。いわんや「イングランドがアイルランドを手籠めにした」という表現も知りません。「ドイツがオーストリアを強姦した」わけでもなく、「新羅が高句麗や百済を強姦した」わけでもないようです。日本は朝鮮半島からの渡来人が作ったと主張してやまない韓国の歴史学者が「弥生人が縄文人をレイプした」あるいは「百済が倭を陵辱した」と言わないのも解(げ)せない話です。
 韓国人の意識の中に、歴史において、とりわけ「日韓併合」だけを強姦に喩えたい“何か”があるのではないでしょうか。
(『韓国呪術と反日但馬オサム