私は、ようやく潔白の身となった。私と家族にとって松本サリン事件が起きてからの1年間は、短いようでやはり長いものだった。あの夜、突然、平穏な生活が破られ、妻が意識不明の重体となり、私は犯人扱いされ、どん底の苦しみを味わった。おそらく、この体験はどんなにことばを尽くしても人にはわかってもらえないだろう。私も、これまでは世にある冤罪はひと事だと思っていた。今は、条件さえそろえば、いつでも無実の罪が着せられるものだということが生身でわかる。(『「疑惑」は晴れようとも 松本サリン事件の犯人とされた私』河野義行)

報道被害
 人は疲れや痛みを感じると、中枢神経が指令を出して筋肉を緊張させる仕組みになっています。そうするとますます、血液の循環は悪くなり、筋肉中には乳酸や老廃物が蓄積。痛みや不快感を引き起こしてしまいます。こうした症状から抜け出すためにも、筋肉をストレッチし、血液を滞りなく巡らせることが大切です。(『体を芯からやわらげる 健康ストレッチ』森俊憲、森和世)
 カラダが硬く、関節の可動域が狭い人は、全身の動きにさまざまな制限がかかり、日常生活やスポーツ時の動作をスムーズに行うことが難しくなります。日常生活動作で例をあげると、背中や股関節の可動域が狭い人は、かがんだり歩いたりといった基本的な動きにも支障が出てきます。(『体が硬い人のためのストレッチ石井直方監修、荒川裕志)

ストレッチ
 じつは、発声学習できる動物には「息を止めることができる」という共通点があります。「そんなの、犬やネコだってできるだろう?」と思うかもしれませんが、イヌもネコも息を止めることはできません。あるいはサルもウシもシカも、発声学習しない動物はみな、自分の意思で息を止めることができないのです。一方、発声学習できるオウムや九官鳥、イルカ、クジラ、ヒトなどは、自分の意思で自由に息を止めたり吸ったりできます。(『言葉はなぜ生まれたのか』岡ノ谷一夫、石森愛彦・絵)
 本来、書とは「かく」。したがって、鑿(のみ)で「掻く」もしくは「欠く」「画く」ものでした。その「刻(ほ)る」姿を、筆で「書く」ことの中に写し込むことによって本格的な毛筆の書が生まれたという経緯が中国書史にはありました。ところが、そうした「刻」から「書」が生まれた深みを、日本の書史は最初から見失っているのです。ちなみに現行の日本銀行券の文字がすべて隷書体で記されているのは、明治維新以降の近代になってようやく中国の「刻る書」を本格的に学習、導入したことに由来します。(『説き語り日本書史石川九楊
 四つ葉のクローバーが生じる原因はいくつかありますが、一つには、葉ができあがるときに踏まれたりして傷つけられると、奇形になって四つ葉になるのです。そのため、四つ葉のクローバーは、道ばたや運動場などでよく見つかります。
 幸せのシンボルが、道ばたにあるというのも意外ですが、本当の幸せは踏まれながら育つものであることを、四つ葉のクローバーは教えてくれているのかもしれません。
(『なぜ仏像はハスの花の上に座っているのか 仏教と植物の切っても切れない66の関係』稲垣栄洋)
「おらあたった今夢から覚めたんだ。今までおらあ盗みをしてきた、半分は欲だ、半分は自棄(やけ)だ、また堅気のけちな米喰虫でつまらなく終るより、いっそ鼠小僧のような大盗人になって、わっと世間から騒がれて死にてえ……そんな見栄(みえ)も手伝っていた。だがおらあ、今夜という今夜こそ、自分の仕事がどんなに酷(むご)いものかってえことを知った。盗むこっちゃあどうせ酒か博奕(ばくち)に遣っちまう金が、あそこじゃ親娘三人を生かすか殺すかの楔(くさび)になっている。こんな、酷え業たあ知らなかった」(『雨の山吹山本周五郎
「けれどもどこかにほんとうに良い仕事をする人間はいるんだ、いつの世にも、どこかにそういう人間がいて、見えないところで、世の中の楔(くさび)になっている」(『柳橋物語・むかしも今も山本周五郎
 ところが小網代(こあじろ)の森は、真ん中を流れる川の最上流部から河口の干潟まで、1軒の家も工場もなければ、自動車が通るような道路もありません。たった70haしかありませんが、流域という地形がまるごと自然のままで残されているのです。(『「奇跡の自然」の守りかた 三浦半島・小網代の谷から岸由二、柳瀬博一)
 人間行動遺伝学は、決して宿命論に結び付く学問でもなければ、人々を差別するための学問でもない。むしろ遺伝によって一人一人がいかに豊かな内的資源を与えられているのか、そして一人一人がこの自然の中でいかに特別な存在であるのかを解き明かしてくれる学問である。(『心はどのように遺伝するか 双生児が語る新しい遺伝観』安藤寿康)
「事業仕分け」に参加して驚いたことが二つある。
 一つは、独立行政法人(独法)の金満ぶりである。独法とは国費で運営される国の外郭団体で、官僚の天下り先となっている。(中略)
 緒方貞子氏が理事長をつとめるJICA(国際協力機構)の事業規模は年間約1兆円。草の根交流のイメージに似合わず、職員の待遇は外交官並みに優雅である。本部ビルは東京・麹町にあり家賃が年間28億円、社員食堂に寿司屋台が出る。'08年に緒方理事長の肝いりで市谷に新設された研究所では、1年間、国際的な学術誌に論文を1本も出していない、つまり実績がないと言う。現場を見に行くと、ホテルのようなつくりで1階はロビーとなっており、フロントマンが恭しく控えている。2階に上がると30畳ほどの座敷があり、座卓の上にビールのコップとおしぼりが並んでいた。高そうなインテリアでまとめた研究員室もあるのだが、研究所というよりは保養所のようであった。
(『裏切りの民主党』若林亜紀)

響堂雪乃紺谷典子
 アメリカの母親が、幼稚園や保育園に子どもを引き取りに来たときにわが子に問うことは「みんなと一緒に遊んだか」である。人さまと getting along できる人間にならないと、これからの人生で往生するという思いがあるからである。アメリカはそういう文化である。
 一方、日本の母親は「先生のいいつけをよく守ったか。お利口さんであったか」をまずきく。やはり日本はタテの人間関係を大切にする文化である。
(『チームワークの心理学國分康孝
「そのためには枝葉末節にとらわれないで、本質を見ることだ。文字や形の奥の方には本当の哲理のようなものがある、表層の文字や形を覚えないで、その奥にある深層の本質を見ることだ。世の中には似たようなものがあるが、みんなどこかが違うのだ。形だけを見ていると、これがみんな同じに見えてしまう。それだけ覚えていたら大丈夫、ものを考える力ができる」
 土肥原将軍の戦術講義は実に平易な話であったが、噛めば噛むほど味の出る奥深いものがあって、堀には一生忘れられない言葉であった。
(『大本営参謀の情報戦記 情報なき国家の悲劇』堀栄三)

戦争日本近代史
養老●その点、僕が注目するのは北海道です。中標津(なかしべつ)へ行ったら似たようなことをやっていましてね、町長が家屋をできるだけ街に集めてくるというプランを建てていました。公共投資を考えると、家を僻地(へきち)に造ったら無駄だからです。いまの日本は一種悪平等で、僻地にも、ガス、水道、道路を惹かなければならない。だったら、住民は街に集まってくれたほうがいい。そこから畑に出ていけばいいわけで、そうすれば集中のメリットが生じます。(『本質を見抜く力 環境・食料・エネルギー養老孟司竹村公太郎
 自ら答えを突き止めることのない人というのは、こういうものです。【思い込みで判断する人間は、誰かに別の思い込みを吹き込まれることで、じつに簡単に操作されてしまいます。】(『日本人だけが知らない戦争論苫米地英人
 家康が克服すべき強大な敵、戦うべき新たな敵、それは利根川であった。その敵を征服すれば、他大名を圧倒する富を獲得し、天下は自動的に転がり込んでくる、と家康は看破した。(『日本史の謎は「地形」で解ける竹村公太郎