津波が来たら一刻も速くめいめいで逃げろという「津波てんでんこ」を呼び掛けてきた大船渡市の津波災害研究家山下文男さん(87歳)が、入院先の岩手県立高田病院(陸前高田市)で東日本大震災の大津波に襲われた。
 逃げ遅れ、震災翌日に助け出された。「てんでんこを提唱した人間として、責任を感じている」と、あの日を振り返る。
(『ともしび 被災者から見た被災地の記録』シュープレス編著)
 近年、国民が「問題を把握する力」はじりじりと増しています。これはインターネットのおかげです。しかし他方で、おおかたの論筆家や政治家や政策官僚が、軍事について一知半解の段階で学習をやめてしまっています。エリート意識を抱き、大きな国策判断に臨んでいる人々のなかの「不勉強」の部分が、心ある者の不安を誘います。“松下政経塾”的な“用語だけ外交”の心もとなさ、危なっかしさは、そこからくるのではないでしょうか。(『日本人が知らない軍事学の常識兵頭二十八
 核武装問題に限らぬが、「日本に足りないのは何か」とよく言われる。
 それは、原材料でも、技術でもないだろう。いわんや地面の広さなどではない。
 そして勘違いする者がとても多いが、組織でもない。組織はすでに腐るほどある。組織が、それじたいで役に立つと思ってはならない。憲法が改正できたとしてもこれは同じことで、人が組織に頼ってしまえば、組織は建物の構造以外、全部腐るものなのである。
 答えは、「人」である。
(『ニッポン核武装再論 日本が国家としてサバイバルする唯一の道兵頭二十八
 理念的な原理・原則は人間の脳の働きである。人間の脳の中で考えた原理・原則など、自然が機嫌を損ねれば吹き飛んでしまう。自然のご機嫌がくるくる変わる日本列島で生きていくには、自然に合わせめまぐるしく変化しなければならなかった。
 多くの指揮者が「日本人は確たる原理・原則を持たない」と指弾する。その通りだから誰も反論できない。しかし見方を変えれば、気ままで巨大な自然の支配下でしぶとく生きてきた日本人の強靭さの秘密は、この融通無碍な無原則性に潜んでいた。
(『日本文明の謎を解く 21世紀を考えるヒント竹村公太郎
「日本の天皇は神である」――明治4年(1871年)に行われた廃藩置県を見て、英国の駐日公使パークスは歎(たん)じてこう言った。「ヨーロッパに於いて、こんな事を行おうとすれば何十年、いや事に依(よ)ったら百年以上の血腥(ちなまぐさ)い戦争の後に初めて可能であろう。それを、一片(いっぺん)の勅令(ちょくれい)に依って、一気に断行してしまうなんて、日本の天皇は正しく神である」(『天皇畏るべし 日本の夜明け、天皇は神であった小室直樹
 たとえば東大合格率ナンバーワンの筑波大学附属駒場の中学受験合格者数に占める「サピックス小学部」出身者の割合は、2015年で7割を超えている。また大学受験の最難関である東大理III(医学部)の合格者のうち6割以上が「鉄緑会」出身者で湿られている。
 たった2つの塾が、この国に「頭脳」を育てていると言っても過言ではない。「学歴社会」ならぬ「塾歴社会」である。
(『ルポ 塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体』おおたとしまさ)
 たくさんの考え方――「正しさ」と言い換えてもいいですが――を受け入れるということは、それだけ自分の人生が広がるということです。結果的に、2倍にも、3倍にもなるでしょう。「受け入れる脳」を持つことは、ヨーロッパ的な利己的な正義や、日本に蔓延する空気的正義に対しての、対抗手段にもなります。自分が「正しい」と信じ込まされてきてしまったことに対し、他人の「正しさ」を受け入れることは、盲信してきた「誤った正しさ」を正すきっかけになります。(『武田教授の眠れない講義 「正しい」とは何か?武田邦彦
 時間の矢の問題は、従来から熱力学第二法則と関連して論じられてきた。熱力学第二法則はエントロピーの増大法則ともよばれ、孤立系のエントロピーは増大することを示している。エントロピーが増大すると無秩序の方向に向かう。だからこの世界は、秩序だった状態から、より無秩序な方向に向かい、最終的には熱的死に向かうと予言されてきた。(『時間の本質をさぐる 宇宙論的展開松田卓也二間瀬敏史

時間論
 太陽の底の密度は100グラム/ccだという。これは我々の身近にある物質に比べてはるかに大きい密度である。たとえば液体の中で密度の最も大きい水銀でも、14グラム/ccである。金や白金などは固体の中でも重い方であるが、それでも1ccの重さは20グラムにすぎない。
 これから考えると太陽の中心は当然固体であろうと思われる。しかし実は太陽の内部は気体なのである。
(『進化する星と銀河 太陽系誕生からクェーサーまで松田卓也、中沢清)
 地球の生物圏の秩序が局所的に増大すると、エントロピーは減少するが、それは地球と太陽の熱交換を計算に含めるときに生じる総体的なエントロピーの増大で相殺され、なお余りが出る。木で椅子をつくるときには、工作の過程が進むにつれて秩序のレベルは上がり、エントロピーは現象する。しかし、このときも熱力学の第二法則に反することはない。全エントロピー――われわれの体内にデンプンや糖として貯蔵されていたエネルギーの消費、労働によって消費されたエネルギーの分も含む――は増大するからである。(『宇宙が始まるときジョン・バロウ松田卓也訳)
 後漢から約100年あと、4世紀前半の東晋時代になると、儒教に代わって老荘思想が流行してきた。そのため、老荘思想をもって仏教を解釈しようとする風潮が生まれるようになった。これを「格義仏教」という。格義とは中国の老僧の「無」の思想によって、仏教の「般若皆空」の思想を理解しようとしたもので、「無」と「空」とを同一視する考え方である。(『無限の世界観〈華厳〉 仏教の思想6』鎌田茂雄、上山春平
 気づきには偏見がありません。映し出したものを裁くことのない鏡のように、どんなものに対しても賛成も反対もしません。気づきにはそのもの自体を見ること以外には何の目的もありません。何とかして向上させようとして、起こっていることに何かを付け加えようとしたり、あるいはそこから何かを差し引いたりするようなことはありません。(『呼吸による癒し 実践ヴィパッサナー瞑想』ラリー・ローゼンバーグ:井上ウィマラ訳)

ヴィパッサナー瞑想
 天台本覚思想は、日本独自の天台思想である。この天台本覚思想は、インド中国にはもちろんなく、最澄にすらなく、良源源信以後に日本でつくられたものであろうが、この煩悩がすなわち菩提であり、煩悩を離れて菩提はないとする天台本覚思想は、鎌倉時代の新仏教ばかりか、日本の文学・芸術を考えるにあたっても、重要な意味をもつ思想である。(『絶対の真理〈天台〉 仏教の思想5』田村芳朗、梅原猛