現象的には、ローマ帝国は蛮族(ゲルマン)の侵入によって滅亡したかにみえる。しかし、ここにヒエロニムスが記しているように、「敵の剣より内乱によって」、「剣より飢えによって」、つまり、外力の破壊作用よりは、組織のインテグレイション解体によって、あるいはシステム不全によって、内部からくずれ去っていったのである。(『文明の逆説 危機の時代の人間研究立花隆
 換言すれば、価値的には中央の本尊の力が、順に周辺に遠心的に波及するとともに、逆に外周部の神々が、内なる本尊に向かって求心的に帰依していくのである。これら順・逆の二様の流れ、難しくいうと逆対応の流れが、広・狭両義のマンダラには必然的に認められることを忘れてはならない。マンダラは、固定化された存在ではなく、力の動きを示すダイナミズムを内包した一種の磁場の世界でもある。(『密教とマンダラ』頼富本宏)

密教
 この【うらみ】という心の病気は風邪(かぜ)のように誰(だれ)でも、どの過程も、経験をもっています。
 この、【ざら】にある万人(ばんにん)の内的な悩(なや)みから正しい人生理解に導こうとされた釈尊(しゃくそん)の御心(みこころ)は、尊いものがあります。しかし、問題は、いかに、この私どもの内心に【うずき】、【いたみ】を与えている「うらみ心」を除き去ってゆくかという実際の方法であります。
(『法句経講義友松圓諦

ダンマパダ
 ところで皆さんは「日本一の大河」といわれると、どの川を思い浮かべるだろうか。おそらく学校では、長さでは信濃川、大きさ(流域面積)では利根川と習ったはずだ。ところが、これはあまり正確とはいえない。本当は石狩川なのである。
 その昔石狩川は、イシカリベツ(「非常に屈曲する川」の意味)の名のとおり、原始の姿そのままに蛇行を繰り返し、大きな石狩平野をわがもの顔で悠々と流ていた。ところがその貫禄が災いして、たび重なる氾濫をまねき、人々を苦しめてきた。
 そこで、洪水をできるだけ早く海に流そうと、曲がりくねった川道をまっすぐにする改修工事が、約70年にわたって続けられた。そのため、石狩川は100キロ以上も短くされ、かつての70パーセントの長さになってしまったのである。
(『日本の分水嶺』堀公俊)
 黄河は長さ5464km、世界で7番目に長い川です。驚くべきは長さよりもその流域面積の大きさで、98万平方kmと、日本の面積の約2.6倍にもなります。(中略)
 一方の揚子江は、長さ6380kmと世界で3番目に長い川です。流域面積は黄河を上回る117万5000平方kmで、これは中国全土のじつに5分の1に相当します。
(『川はどうしてできるのか 地形のミステリーツアーにようこそ』藤岡換太郎)