一 意(おもい)は諸法(すべて)にさき立ち
  諸法(すべて)は意(おもい)に成る
  意(おもい)こそは諸法(すべて)を統(す)ぶ
  けがれたる意(おもい)にて
  且つかたり 且つ行わば
  轢(ひ)くものの跡を追う
  かの車輪のごとく
  くるしみ彼にしたがわん
(『法句経友松圓諦

ダンマパダ
【起業して成功している人というのは、実はほとんどが裏切り者】です。
 学校を卒業してすぐに起業したという人は、あまり多くないので、ほとんどの起業家は、元々はサラリーマンだったり、職人さんであったり、だいたいだれかに雇われていて、組織に属していた人たちなのです。
 組織に属していながら、その組織を裏切って独立企(ママ)業したわけです。その組織にとって、内部の人間が独立することは、望ましいものではありません。つまり、脱サラをするということは、組織にマイナスになることをするわけです。つまりは、ほとんどの起業家は裏切り者なのです。
(『起業のためのお金の教科書大村大次郎
 実は、ベネディクトの『菊と刀』抜きにしてアメリカにおける日本研究は語れない。事実、この本が出た1940年代のアメリカ及び西欧において社会科学者の多くは、国民性の研究に専念していた。特に人類学者の研究は、ソ連、アメリカ、日本の国民性に集中していた。中でも『菊と刀』は今日なお無視しがたい影響力を持っている。そしてミアーズとの関係で言うならば、『菊と刀』と『アメリカの鏡』とは、ほんの2年という短い時間をおいただけで、同じボストンのホートン・ミフリン社から出版されているのである。にもかかわらず、この2冊のその後の運命ほど好対照を見せているケースも珍しい。(『忘れられた日米関係 ヘレン・ミアーズの問い』御厨貴、小塩和人)

ヘレン・ミアーズ
 もし、輪と呼吸が基本的な形と力学を提供しているとすれば、私たちがコンファレンスをコーヒーブレーク・モードにするために必要なことは、話す内容や予定を定めるための何らかの方法だけではないでしょうか。結局、効果的なミーティングとは、ある秩序の中で目の前の課題に対処することなのです。それ以外のものがノイズや混乱を生み出すのです。(『オープン・スペース・テクノロジー 5人から1000人が輪になって考えるファシリテーション』ハリソン・オーエン:株式会社ヒューマンバリュー訳)

ファシリテーション
 つまり、お釈迦さまに出された質問を言い換えると「唯一絶対の神様は、誰ですか」ということになります。
 お釈迦さまは、次のように答えました。
「この世の支配者は、心です。この世は心に動かされているのです。この世のすべての生命は、たった一つ、心というものに屈服しているのです」
(『心の中はどうなってるの? 役立つ初期仏教法話5アルボムッレ・スマナサーラ
 人生を水のごとく流れるままに任せれば、あなたはその水になります。(『タオを生きる あるがままを受け入れる81の言葉バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル:ティム・マクリーン、高岡よし子訳)