実は、「悟り」とは、解脱でも、完成でもなく、認識の転換なのです。(『悟り系で行こう 「私」が終わる時、「世界」が現れる那智タケシ

クリシュナムルティ桜井章一
 占領が終わらなければ、日本人は、この本を日本語で読むことはできない。
   ――ダグラス・マッカーサー(ラベル・トンプソン宛、1949年8月6日付書簡)
(『アメリカの鏡・日本 完全版ヘレン・ミアーズ:伊藤延司訳)

日本近代史
 最高権力を持っている者が我々よりも賢明で、次に打つべき一手をわかっているはずだなどと思ってはいけない。危機管理室で鳩首(きゅうしゅ)をそろえている面々は、進行しつつある最悪の事態(カタストロフィ)を作り出している当事者なのだ。このなかには世の中のことをまったくわかっていない者、つまり世の中の争い事を白組と赤組の単純な喧嘩ととらえることしかできない輩(やから)がいる。もちろんメンバーのなかには問題がより複雑であることを理解している者もいる。そういう人物でさえ、政治的には、紛争の原因はどこかにいる悪者が種をまいていて、その悪者さえ退治すればよいなどと説明せざるを得ないのだ。(『コールダー・ウォー ドル覇権を崩壊させるプーチンの資源戦争』マリン・カツサ:渡辺惣樹訳)

プーチン北野幸伯
「あんたは自分をなんだと思っているの? 世界の良心のような顔をして、わかったようなことを言わないで!」
「いつからあんたは良心をなくしたんだ?」とエーレンデュルもまた同じ口調でやり返した。
(『アーナルデュル・インドリダソン柳沢由実子訳)