ランチェスター戦略は、イギリスの航空工学のエンジニアであったF・W・ランチェスターによって発見されたランチェスター法則をその出発点としている。
 ランチェスターは1868年10月23日ロンドンで生まれ、王立工科大学(ロイヤルカレッジ・オブ・サイエンス)を卒業したのち、28歳でイギリス最初のガソリン自動車を設計・製造、31歳で技術コンサルタント会社、ランチェスター社を設立、その後、航空審議会委員、ダイムラー自動車の技術顧問などを歴任する。
 また彼はイギリス学士院会員、法学博士、王立航空協会の名誉会員でもあった。
(『まんが新ランチェスター戦略 1 新ランチェスター戦略とは』矢野新一、佐藤けんいち〈まんが〉)
「一般の人々に対して、減塩を強いるのは、何ら科学的根拠があるものではなく、減塩の効果はなかったと言ってよい。塩は決して悪者ではない。食品の製造においても、食塩を減らすことは、ほとんど無意味だ……」ジョン・ラルフ博士(『「塩」をしっかり摂れば、病気は治る 病気の因を断つクスリ不要の治療法石原結實

自然塩
 知とは、人間の共同体が賢明な選択をし、未来は決して他人事ではないと実感し、それを軸に軌道修正していくことのできる力を意味する。知とは連帯のことだ。人と人、あるいは人と総体との結びつきのことだ。知は本質として相関的な概念であり、それを特定の人物と同一視しすぎれば沈下するものなのだ。(『集合知の力、衆愚の罠 人と組織にとって最もすばらしいことは何かアラン・ブリスキン、シェリル・エリクソン、ジョン・オット、トム・キャラナン)
 音によるコミュニケーションにおいても、やはり豚には驚かされる。彼らはとても耳がよく、私たち人間とよく似た可聴領域を持つ。もっとも、彼らの場合はさらにおよそ4万ヘルツくらいまでの超音波帯まで聴こえる。2万ヘルツを超えると、人間には聴こえないのだ。耳のサイズと感度となると、これはもう比較にならない。(『思考する豚ライアル・ワトソン:福岡伸一訳)
 象が使う、なかでも周波数が最も低い音(毎秒5~25サイクル)は、驚くべき性質を持っている。その長く緩やかな音波は、どれほど密集した木々にも邪魔されることがない。深い森の中でも変化したり力を失ったりせず、何マイルも進みつづけることができるのだ。(『エレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのかライアル・ワトソン福岡伸一、高橋紀子訳)
 その結果、私たちが解明したのが、玄米のうちのいわゆる米ぬかの部分に含まれるRBFという物質の作用機序です。このRBFは、がん細胞が生きていくために必要なエネルギーを熱に変えてしまい、無駄に使わせることで、エネルギーを補給できなくする機能を持っています。つまり、がん細胞を“兵糧攻め”にするわけです。これによってがん細胞はDNAが断ち切られ、分裂できなくなります。こうしてがん細胞の自己死(アポトーシス)を導くプログラムが働くのです。(『がん患者は玄米を食べなさい 科学が証明した「アポトーシス&免疫活性」のすごい力』伊藤悦男)

玄米
 一気に濁流に体が沈んだ。「グチュグチュ」と真っ黒い水の塊に翻弄された。まるで洗濯機の中に放り込まれて、かき回されているようだった。ポッと頭が水面から出た。太い木の柱にしがみついたが、津波に流されている家に突っ込んでいくような勢いだった。このままだと衝突し、危ないと判断し手を離した。またグルグルかき回された。再び水面に出た時、ごみの山が押し寄せてきて、それにつかまった。(『津波からの生還 東日本大震災・石巻地方100人の証言』三陸河北新報社「石巻かほく」編集局編)

災害
 プラトンはまた、【イデア】は、我々の肉体が存在しているこの世界とは別のイデアだけの世界に存在し、それらは永遠であるとも言った。このような【プラトンの考え方】は後に新約聖書に組み込まれ、古典的ローマ・カトリックの【魂】についての教えの基となっている。(『意識の探求 神経科学からのアプローチクリストフ・コッホ:土谷尚嗣、金井良太訳)

キリスト教
 しかしアメリカ合衆国の主たる挫折は、現段階においてはイデオロギー的かつ外交的なものである。というのもアメリカは、いよいよ世界支配を完成しつつあるどころか、世界の統制権を失いつつあるからである。自由世界のリーダーとして立ち現れるどころか、アメリカ合衆国は国連の意向に反してイラク攻撃を開始した。これは国際法の蹂躙であり、正統(ママ)性の失墜はだれの目にも明らかである。(『帝国以後 アメリカ・システムの崩壊』エマニュエル・トッド:石崎晴己訳)
 お釈迦さまの教えを忠実に守り実践する人々は、お釈迦さまの教えより優れた道はないと、自らの体験から確信しています。テーラワーダの長老方はただ一心に、お釈迦さまの教え、お釈迦さまの道を守ることを何より大切にし、ブッダの教えに自分の解釈を加えることは、いっさい拒否してきました。お釈迦さまが亡くなられた当時でも、そういう長老方の態度を「保守的だ」と批判する人々がいました。それらの人々は後にテーラワーダ仏教から離れ、大衆部と呼ばれる宗派をつくりました。その大衆部も、いくつもの分派ができ、お釈迦さまの入滅後200年くらい経つと18もの宗派に分裂しました。これらはまとめて部派仏教と呼ばれます。
 お釈迦さまの入滅後500年ほど経つと、部派仏教を批判する新しい動きが現れました。そして「我らこそ優れている」という意味を込めて、自分たちを大乗仏教と称し、部派仏教のことを小乗仏教と呼びました。日本でテーラワーダ仏教を小乗仏教と呼ぶ人々がいますが、インドの大乗仏教が小乗仏教と呼んでいたのはテーラワーダではありません。実際に小乗と呼ばれていた部派仏教は、現在ではひとつも残っていません。
(『慈経 ブッダの「慈しみ」は愛を越えるアルボムッレ・スマナサーラ
 ブッダを、一般的意味での「宗教の開祖」と呼ぶことができるとすれば、彼は「自分は単なる人間以上の者である」と主張しなかった唯一の開祖である。(『ブッダが説いたことワールポラ・ラーフラ今枝由郎訳)

仏教