ぼくの青春時代はいたった気楽なもので、ぼくはスキップを踏んで子供から大人になった(『偽りの楽園トム・ロブ・スミス:田口俊樹訳))