いやはや、人間とはしぶとい生き物である。人間はどんなことにも慣れてしまう生き物だ――思うに、これこそが人間に一番ぴったりの定義である。(『死の家の記録』ドストエフスキー:望月哲男訳)