彼は、愛と同情からかれらの一部だったのではなかった。彼は【即】かれらだった。(『生と覚醒のコメンタリー クリシュナムルティの手帖より 3J・クリシュナムルティ:大野純一訳)