イオウ化合物の一つ、硫化アリルはいわゆる血液をサラサラにする作用があり、血栓を予防する働きがあります。また硫化プロピルもイオウ化合物で、血糖値を政情にする働きがあります。これらの効果を十分に得るためには、生で、かつ切ったあと20分ほど老いておくとさらに効力が高まります。また、辛味も落ち着き食べやすくなります。(『糖尿病・高血圧・脂肪太り ぜんぶよくなる!タマネギBOOK』周東寛監修)

タマネギ