レトリックとは、あらゆる話題に対して魅力的なことばで人を説得する技術体系である。(『日本語のレトリック 文章表現の技法』瀬戸賢一)
菅沼●サッスーン家というのは、ダマスカスかどこか中東の出身なんですよ。あと上海に来た。上海は、戦前・戦中まではサッスーンの街だったんだから。当時、例えば日本は、満州を開発しないといかぬというわけでしょう。満州重工業鮎川義介〈あゆかわ・よしすけ〉なんていたじゃないですか。そういう人たちが、日本はカネがないから、それともう1つは政治的な意味もありましたけど、サッスーンにカネ借りに行ったわけですよ。(『なぜ不死鳥のごとく蘇るのか 神国日本VS.ワンワールド支配者 バビロニア式独裁か日本式共生か 攻防正念場!菅沼光弘ベンジャミン・フルフォード、飛鳥昭雄)
「慎重に……」アフナーは言いよどんでから、「慎重に考えさせて下さい。ご返事には1週間の猶予をいただけないでしょうか」(中略)
 ザミール将軍は首を横にふった。「1日しか猶予がない。とくと考えたまえ。1日で決心をつけられない者は、いくら時間があっても決心がつけられないものだ」
(『標的(ターゲット)は11人 モサド暗殺チームの記録』ジョージ・ジョナス:新庄哲夫訳)

モサドイスラエル
 ここで、そのドイツと日本の食品の安全基準の違いを見てみよう。
「安全と証明できたものしか売ってはならない」ドイツでは、野菜も有機無農薬野菜が売られる。有害な食品添加物は使われない。
 ところが日本では「危険と証明できない限り売ってもよい」。このため、マウスに人間体重換算の添加物を投与してその毒性の限界値を判定し、その範囲内での添加物の使用を認めている。
(『マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実池田整治