本当にあなたは自分が蛆虫(うじむし)の一変種でないと言いきれるか? あるいはつい最近宇宙から飛来したエイリアンで、目下自分が人間だと信じ込むようにマインドコントロールを受けている怪物でないと断言できるか? どこに一体自分が人間であるという、そんなに強い確信の証拠があるのだ?(『おテレビ様と日本人林秀彦
 フランス革命のスローガンである『自由・平等・博愛』は革命前からある言葉で、もとはフリーメーソンのスローガンにほかなりません。(『エンデの遺言 根源からお金を問うこと河邑厚徳、グループ現代)

フリーメイソン
 歴史的に特捜部は米国と深い関係をもっています。まず1947年、東京地検特捜部が占領下で、GHQのために働く捜査機関として発足します。
 敗戦直後は、それまで旧日本軍が貯蔵していた莫大な資材が、さまざまな形で横流しされ、行方不明になっていました。1945年10月にはGHQ自身が、東京の三井信託の地下倉庫からダイヤモンドをなんと16万カラットも接収しています。
 そうした不当に隠された物資を探しだして、GHQの管理下におくことを目的に設置された「隠匿退蔵物資(いんとくたいぞうぶっし)事件操作部」が、東京地検特捜部の前身です。
(『戦後史の正体 1945-2012孫崎享

日本近代史
 クライミングをスポーツとするなら、それは他のスポーツとは根本的に違うところがある、と山野井は思う。他のスポーツはその最もスリリングなところを人に見せられるが、クライミングはその核心部を見せることができない。そのクライミングの、最も素晴らしい瞬間を伝えることはできない。(『』沢木耕太郎)

山野井泰史
 わたしたちが、まだ山の遥かな高みにいるうちに、なんの前触れもなく荒々しい嵐が吹きつのって、頂上に達したチームメイト5人のうち、隊長のロブ・ホールをふくむ4人が、斃(たお)れた。わたしがベースキャンプにくだり着くまでに、四つの遠征隊の隊員が9人死に、その月末までにさらに3人死んだ。(『空へ 「悪夢のエヴェレスト」1996年5月10日ジョン・クラカワー:海津正彦訳)
 来年までに「日本」という国はなくなってしまい、全員が宗教団体に入らなければならなくなる。各「団体」が自治権を持つ団体連合社会に、1年かけて移行していくそうだ。(『カルトの島』目黒条)
 では【「インテリジェンス」とは何か】。これは、【今あるいは将来において何が必要なのかを把握し、そのための課題を設定して企画を立案、情報を収集・分析したもの】を指す。つまり、選別され、加工されたインフォメーションなのである。そしてこの「インテリジェンス」は意思決定者に供される。(『インテリジェンスのない国家は亡びる 国家中央情報局を設置せよ!佐々淳行
 友だちを作るうえで、何より大切な原則があります。それは、

 【命題2】☆誰とでも仲良くしてはいけない

ということです。これが友だちづくりの大原則です。誰とでも仲良くしようとすれば、友だちを作るのはほぼ絶望的です。なぜかというと、世の中には、押し付けをしてくる人がたくさんいるからです。誰とでも仲良くするということは、こういった押し付けをしてくる人とも、ちゃんと付き合うことを意味します。

(『生きる技法安冨歩
 非公式ながらフリードマンは、ニクソンやレーガンの経済顧問を務め(「ボストン・グローブ」2006/11/16)、80年代レーガンやサッチャーは「小さな政府」を推進した。それがロン・ヤスと呼び合うほど親密だった中曽根政権に受け継がれた結果、公社が解体され、NTT、日本たばこ産業、そしてJRと民営化が促されたという構図だ。(『マネーの動きで見抜く国際情勢 経済メカニズムの“ウラ・オモテ”岩本沙弓
 ヒトは前戯という性行動をする点で、事実上唯一の種である。(『エロスと精気(エネルギー) 性愛術指南ジェイムズ・M・パウエル:浅野敏夫訳)

性愛術
 地球をブラックホールにするには、押しつぶして半径2センチメートル足らずの球にしなくてはならない。(『エレガントな宇宙 超ひも理論がすべてを解明するブライアン・グリーン:林一、林大訳)
 いちばん信頼すべき親が、自分が不安でいっぱいのとき、見守ることさえせずに無視をする。いちばん親を必要としているとき、ほうっておかれる。関心をもってもらえない。これが頻繁に起こる家では他人に対する信頼感は育ちようがありません。重要なことがあっても誰にも助けを求めず、自分ひとりの胸におさめて処理する癖が身についてしまいます。(『インナーマザー あなたを責めつづける心の中の「お母さん」斎藤学
(※両親から暴力を受けながら育ってきた女性に対して)両親に本格的な復讐をすることをお勧めします。それは、かしわ葉さん(※相談者)が幸せになることです。幸せこそが最大の復讐です。(『インテリジェンス人生相談 社会編佐藤優