「例の忍者服を着てるのね」シモーヌはそう言うと、思わずかすかに微笑んだ。
「忍者を指す“忍”(しのび)という言葉には、ふたつの意味があるんだよ」とシュルマンは言った。
「“姿を隠す者”と“耐える者”だ」
(『催眠』ラーシュ・ケプレル:ヘレンハルメ美穂訳)
青年●私が言っているのは、何でもかんでもカネが全(すべ)てのこんな世の中では、真正のデモクラシーは育たないということです。

ソクラテス●ふむ。しかし、育つも育たないも、僕らのアテナイのデモクラシーとは民主制、つまり主義や思想ではなくて単なる制度のことだぜ。民衆の多数決が政治を決める、つまり民衆の多数がそういう思想を抱けば政治はその通りになるという制度のことだ。民衆の間でこの世はカネが全てだという思想が育てば、政治もその通りになるんだから、まことに正直な制度だよ。君の国では実によく機能していると思うがね。

(『帰ってきたソクラテス』池田晶子)
 他の感情は【出現】するのであるが、怒りは【噴出】する。(『怒りについて 他一篇セネカ:茂手木元蔵訳)
 わたしたちの目の残忍さと貪欲。記録するための仮借ない機械、レンズ、コンタクトレンズ、世界を自分の箱の中に閉じこめるために絶え間なく撮影するカメラの砲列! シャッターつきの目だ! 苦悩と快楽と恐怖をさがし求める目だ! しかしここには、河のほとりに立って動かない若い女の、見つめている目だけがある。〈見つめている目〉。(『悪魔祓い』ル・クレジオ:高山鉄男訳)

インディアン
 国家資本は、他人が働いた成果を自分のものにする二つの運動に対応している。国家と資本にそれが可能なのは、両者がそれぞれ特定の〈権利〉のうえになりたっているからだ。つまり国家は〈暴力への権利〉のうえに、資本は、生産関係へと変換される〈富への権利〉のうえに。
 ドゥルーズガタリは、人びとから労働の成果を吸いあげることを「捕獲」と呼んでいる。暴力とカネにまつわる二つの権利は、社会において捕獲がなされる二つの軸をなしているのだ。
(『カネと暴力の系譜学萱野稔人
 最も安全な日記の書き方――それはスターリンに一語一句読まれているところを想像しながら書くことだ。それでも、どれほど慎重を期しても、両義的な意味を含むフレーズがうっかりまぎれ込んでしまう危険は常にある。書いた文が誤解される危険だ。称賛が嘲弄(ちょうろう)と解されることもあれば、裏表のない追従が風刺(ふうし)と取られることもあるだろう。どれほど用心深い書き手であっても、考えうるあらゆる解釈からは身を守れない。畢竟(ひっきょう)、日記そのものを隠すことがひとつの自衛手段となる。(『エージェント6トム・ロブ・スミス:田口俊樹訳)
 いつしか彼は、ほんの少しではあるが、笑顔を見せるようになった。そんな折、彼の口からショッキングな言葉が飛び出す。
「ボク、死ぬまでここで暮らしてもいい。外は怖いから」
 世の中に対して、恐怖心を抱いているのだ。外の社会よりも、自由も尊厳もない刑務所のほうが暮らしやすいとは。日本というのは、障害者にとって、そんなにも生きづらない国だったのか。一体この国の福祉は、どうなっているのか。
(『続 獄窓記山本譲司

累犯障害者