ほとんどの人が誤解しているが、金融の国際化とは資金が国境を越えて移動することではない。金融データが、ボーダーレスに高速処理されることなのである。(『マネーロンダリング入門 国際金融詐欺からテロ資金まで橘玲

マネーロンダリング
 投資投機ギャンブルも、全部ただの確率のゲームです。
 お金を賭けて、うまくいけばもうかるし、うまくいかなかったら賭けたお金がヘルカ、下手すると全部なくなってしまうわけです。
 それだけのことです。
(『なぜ投資のプロはサルに負けるのか? あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方藤沢数希
 では、この(※原子力)ムラの住人は一体どのくらいいるのだろうか。独自に計算してみた。原子力産業に関わる人口に平均世帯人員を掛けた数字は約70万人だった。
 この数字だけを見れば多いと思うかもしれないが、日本の全人口と比較すると、わずか0.6%にも満たない数字だ。
 この少数の利権集団が、官僚制度や政治家をうまく使いこなして、原発行政を推進している。
(『なぜ少数派に政治が動かされるのか? 多数決民主主義の幻想』平智之)
 これまで人間は500年にわたってこの地球上のあらゆるものを囲い込み私有化し商品化してきたが、その最終局面として「人体」をテクノロジーの対象とし商品化するにいたったのである。(『すばらしい人間部品産業』アンドリュー・キンブレル:福岡伸一訳)
 その結果できあがるのは、役所の代弁機関としての審議会である。
 1回目の審議会が開かれる前に、役人が委員に選ばれた学者にあらかじめ説明を行う慣わしになっている。役所では、これを「振り付け」と称している。文字通り、役所の思惑通りに振る舞うよう振り付けをするのだ。
(『さらば財務省!政権交代を嗤う官僚たちとの訣別高橋洋一
 私の前を歩くな、
 私が従うとは限らない。
 私の後を歩くな、
 私が導くとは限らない。
 私と共に歩け、
 私たちはひとつなのだから。
     ――ソーク族の格言
(『アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉』エリコ・ロウ)

インディアン
 あらゆる学問のうちまず最初に生まれるのは、神の存在照明をする学問「神学」です。次いでそれを証明するための知的な技術として「哲学」が生まれます。西洋では哲学の発祥は古代ギリシャです。哲学が精緻化するためにはキリスト教神学と結びつく必要があり、神学と哲学は密接な連携を保ちながら深化していきます。
 化学や物理学なども神学から生まれたものです。はじめは錬金術のように、どこまでが神学でどこまでが科学か明確でないようなかたちで誕生しました。少なくとも当時の科学的知見というものは、すべて神の世界のカラクリを解明するのが目的でした。
(『宗教の秘密 世界を意のままに操るカラクリの正体苫米地英人

キリスト教科学と宗教