アンベードカルは厳しく同胞に迫った。「失った権利は、簒奪者に嘆願したり、かれらの良心に訴えたりすることによっては決して取り戻すことはできない。それを可能にするのは容赦ない戦いのみである」と。(『アンベードカルの生涯ダナンジャイ・キール山際素男訳)
 今、世界的に見ると農業というのは先進国ほど発展しているんです。フランスしかり、アメリカしかり、カナダしかり、オーストラリアしかり、ニュージーランドしかりです。
 日本の農業が弱いというのは私に言わせると円が強過ぎるせいなのです。円が強過ぎるがゆえに外国の農産物が安く買えて競争力がなくなってしまったのです。(中略)また円が強過ぎるがゆえに外国米がどんどん入ってきます。円が弱くなれば農業は回復する。農業が回復するということは経済学的にどういうことかっていうと、日本人が中国の農地を売って、日本の農地を買い戻すということなのです。
(『藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義藤巻健史
 天才とは、自分が陥った環境から自身を自由にし、それを乗り越えていく者のことです。(1928年)『白い炎 クリシュナムルティ初期トーク集J・クリシュナムルティ:大野純一訳
 性差についても見ておくことにしましょう。自閉症は、男の子に多く見られます。その比率は男児4に対して女児1の割合で出現していると一般的にいわれています。カナーが自閉症の報告をしてから10年後にカナー自身によって、この比率が確立されました。男児の場合は軽度の自閉症児が多くいます。反対に女児の場合、ほとどが重度です。数は男児よりも多くありませんが重い症状を患います。しかし重度の自閉症の男の子の人数を見てみると、実は女の子の比率とほぼ同じになります。(『自閉症の子どもたち 心は本当に閉ざされているのか酒木保
 時間は体重の1/4乗に比例するのである。
 体重が増えると時間は長くなる。ただし1/4乗というのは平方根の平方根だから、体重が16倍になると時間が2倍になるという計算で、体重が16倍なら時間も16倍という単純な比例とは違い、体重の増え方に比べれば時間の長くなり方はずっとゆるやかだ。
 この1/4乗則は、時間がかかわっているいろいろな現象に非常にひろくあてはまる。たとえば動物の一生にかかわるものでは、寿命をはじめとして、おとなのサイズに成長するまでの時間、性的に成熟するのに要する時間、赤ん坊が母親の胎内に留まっている時間など、すべてこの1/4乗則にしたがう。
 日常の活動の時間も、やはり体重の1/4乗に比例する。息をする時間間隔、腸が1回じわっと蠕動(ぜんどう)する時間、血が体内を一巡する時間、体外から入った異物をふたたび体外へと除去する時間、タンパク質が合成されてから壊されるまでの時間、等々。
(『ゾウの時間 ネズミの時間 サイズの生物学本川達雄
 私は「大根役者のように振る舞え」といっています。
 大根役者の演技は、ちょっと大げさです。しかしメッセージは明確です。一方名優と呼ばれる人の演技は、抑えた表現をします。そのほうが自然に見えますし、表現があいまいな分、観客は自分のことと重ね合わせて感情移入できるのです。
 ところがカウンセリングでは(とくにその最初の部分では)、名優より大根役者の演技のほうが、有効なのです。だからカウンセラーもはじめは、少々大げさな「大根役者的演技」から技術を磨いてください。
(『目からウロコのカウンセリング革命 メッセージコントロールという発想下園壮太
 西欧には、数学的真理は数学者が創造したものなのか、それともすでに存在していたものが彼らによって暴かれただけなのか、という論争が昔からある。ラマヌジャンは紛れもなく後者の陣営に属していた。数字とその数学的な関係式は宇宙の成りたちを知るための重要な手がかりだ、と彼は考えていた。新しい定理が発見されるたびに、底知れぬ無限の断片がひとつずつ明らかにされてゆく、と。従って「神についての思索を表現しない方程式は僕にとって無価値である」と友人に語ったときの彼は別に愚かだったわけでも、巫山戯(ふざけ)ていたのでも、洒落(しゃれ)気があったわけでもなかったのである。(『無限の天才 夭逝の数学者・ラマヌジャンロバート・カニーゲル田中靖夫訳)