「え、戦あね、気の持様だ。もう止(や)めるだろう、いつ止めるだろう、そんな事を考えちゃあ、考げえた方が敗けるんだよ。とことん迄対手(あいて)をやっつけなくちゃあ止めねえ覚悟が第一だね。その覚悟せえしっかりしてれあ戦あきっと勝てるもんだよ」(『勝海舟子母澤寛

勝海舟
 この男には不思議な魅力があった。人間の不純性と純粋性を兼ね合わせていて、つまり、その相対性のなかに彷徨(ほうこう)をくり返していた男である。善意悪意、潔癖と汚濁、大胆と小心、勇気臆病といった相反するものを総合した人間といえるだろう。徹底して多くの人に嫌われる一方、また、多くの人に徹底して愛された男である。(『真剣師 小池重明 “新宿の殺し屋”と呼ばれた将棋ギャンブラーの生涯団鬼六

将棋
 そして、ただひとり、ほかの少女たちの甲高いおしゃべりを黙って聞いている、おまえたちの語る計画は語られた時点ですでに頓挫しているのだと言わんばかりに。(『神は銃弾ボストン・テラン:田口俊樹訳)
 新聞はいかなる新聞であっても、例えば私物の泥靴を包んでおいたぼろぼろの新聞まで読み尽してしまった。食器棚の下に誰かが投げ込んでおいた半年ほど前の内閣のパンフレットを手にした時は、ほとんど一週間も掛ってそれを読み返し読み返しした。(中略)メンソレータムの効能書きを裏表丁寧に読み返した時などは、文字に飢えるとはこれほどまでに切実なことかとしみじみ感じた。(竹田喜義 22歳)『きけ わだつみのこえ 日本戦没学生の手記日本戦没学生記念会

戦争読書
 何よりも大事な、教師の条件は子供の心の見えること──子供のうちにかすかに動いているものや、ことばにならないおもいを感じとる人間的な資質であるだろう。それが感受性であるわけだが、それはやさしさとは別のものではない。教師がそれを欠けば、子供のうちにある、表面には姿を見せない大事なたから(可能性)は切りすてられる外ない。子供のもっている豊かな可能性の貴重な愛惜すべき部分は、遠慮会釈なく学校教育の中で無残に切りすてられてゆく。この「切りすて」に抵抗すると、今度は子供自身が容赦なく切りすてられるのである。(『教育の再生をもとめて 湊川でおこったこと林竹二
「もし、“人間共和”がいつ実を結ぶのかと聞かれたら、われわれはこう答えればよいのです。たとえば、まずあそこにひとつ、ここにひとつ、あるいはあそこの国、ここの国といったように、世界が“人間共和”をつくりあげるような下地が出てくれば、従来の世界を支配してきた権力は、こんどは“人間共和”によって支配されるようになるだろう、と」(『永遠の都ホール・ケイン:新庄哲夫訳)
 他の社会の醒めきったような人から悟りきったような口調で、
「たかが野球じゃないか」
 といわれるくらい腹の立つことはない。
 野球をただの遊びと考えている人には「たかが」かも知れないが、人生を賭けてまで野球を追いつめていって、その奥行きの深さ難しさを知った者の口からは、「たかが」などという言葉は、たとえ頭のてっぺんに五寸釘を打ち込まれても出てこないだろう。
(『王貞治 回想)王貞治