ミンスキーの提唱する金融不安定性仮説は、バブル発生とその崩壊の原因を、投機マニアの非合理な経済活動のせいではなく、資本主義経済そのものに内在するメカニズムに帰すものであった。(『恐慌の黙示録 資本主義は生き残ることができるのか中野剛志
 本書において私は新しい答えを示す。すなわち、生命の長い歴史のなかでも特筆すべき“変移”であるホモ属(ヒト属)の出現をうながしたのは、火の使用料理の発明だった。料理は食物の価値を高め、私たちの体、、時間の使い方、社会生活を変化させた。私たちを外部エネルギーの消費者に変えた。そうして燃料に依存する、自然との新しい関係を持つ生命体が登場したのだ。(『火の賜物 ヒトは料理で進化した』リチャード・ランガム)
〈画家〉と〈見えるもの〉とのあいだで、不可避的に役割が顛倒する。その故にこそ、多くの画家は物が彼らを見守っているなどと言ったのだし、クレーに次いでアンドレ・マルシャンも次のように言うのだ。「森のなかで、私は幾度も私が森を見ているのではないと感じた。樹が私を見つめ、私に語りかけているように感じた日もある……。私はと言えば、私はそこにいた、耳を傾けながら……。画家は世界によって貫かれるべきなので、世界を貫こうなどと望むべきではないと思う……。私は内から浸され、すっぽりと埋没されるのを待つのだ。おそらく私は、浮び上ろうとして描くわけなのだろう」。一般に〈霊気を吹きこまれる〉(インスピレーション)と呼ばれているものは、文字通りに受けとられるべきである。本当に、存在の吸気(インスピレーション)とか呼気(エクスピレーション)というものが、つまり存在そのものにおける呼吸(レスピレーション)があるのだ。もはや何が見、何が見られているのか、何が描き、何が描かれているのかわからなくなるほど見分けにくい能動と受動とが存在のうちにはあるのである。母の胎内にあって潜在的に見えるにすぎなかったものが、われわれにとってと同時にそれ自身にとっても見えるものとなる瞬間、一人の人間が誕生したと言われるが、〔その意味では〕画家の視覚は絶えざる誕生なのだ。(『眼と精神』M・メルロ=ポンティ)
 理論はまた「行動」でしかないのでもあるから、理論家が被抑圧集団(原文略)を(代弁/代表)することはない。また、実のところ、主体とは(原文略)(現実を適切に再現/表象した意識)であるとは見なされない。(原文略)または〔英語では〕(原文略)のこれら二つの意味──一方では国家東方の内部にあっての、そして他方では主語-述語関係の中にあっての意味──は、相互に関連をしているが、どちらか一方へ帰一化することは到底不可能なまでに非連続的でもある。(『サバルタンは語ることができるか』ガヤトリ・C・スピヴァク)
 例えば、一般信徒は、聖書の教えを聖職者から口頭で聞き学ぶべきで、自ら聖書を読む必要はない、あるいは、読んではならないとされていた。ラテン語で書かれた聖書は、聖職者たちが占有する門外不出の聖典であり、それを各地域の言葉に翻訳することは固く禁じられていた。(中略)ラテン語の聖書を自分たちの日常の言語に翻訳する試みも行われたが、そのような行為をするひとびとは異端として弾劾された。(『宗教改革の真実 カトリックとプロテスタントの社会史』永田諒一)
 アメリカの外交面でもっとも影響力のある集団は、東北部の大企業、多国籍企業、銀行などに足場を持つグループで、国際主義者、俗に「東部エスタブリッシュメント」と呼ばれるエリートたちである。(『日本人が知らない「ホワイトハウスの内戦」菅原出