慣習法の支配する、レッセ・フェールの国であったイギリスは、ある意味で結社(ソサエティ)の国でもある。そもそも成文憲法をもたないこの国にあっては、多くの社会的取決めは、公的な、成文化された法規によるのではなく、なかば私的な、集団内の慣習によって成り立っている。(川北稔)『結社の世界史4 結社のイギリス史 クラブから帝国まで綾部恒雄監修、川北稔
 綱(つな)
 よごすまじく首拭く
 寒の水

   和之(31歳)

(『異空間の俳句たち 死刑囚いのちの三行詩』異空間の俳句たち編集委員会)

詩歌
 乾亮一さんの調査(『市川三喜博士還暦祝賀論文集』研究者)によりますと、英語では擬音語・擬態語が350種類しかないのに、日本語ではなんと1200種類に及ぶ。3倍以上ですよね。小島義郎さんは、『広辞苑』の収録語彙をもとに同じような調査(『英語辞書学入門』三省堂)をしていますが、彼によると、日本語の擬音語・擬態語の分量は英語の5倍にもなります。擬音語・擬態語は、まさに日本語の特色なのです。(『犬は「びよ」と鳴いていた 日本語は擬音語・擬態語が面白い』山口仲美)
 スパイにとっては『スパイである』という身元を洗い出されることがいちばん困るのだから、自分が殺されるというぎりぎりの限界まで『殺し』という最後の武器を使うことはない。
 また『殺されない』ということも大事で、スパイは『探りだした』だけではななんいもならない。『探りだしたことを報告して』こそ、はじめて任務の達成ができるのである。だから、たとえ手足を斬(き)られて歩けなくなっても、転びながら帰る。舌を抜かれて、目をえぐりとられても、心臓の動いているかぎりは死なずに帰って報告するのが、まず第一の任務とされている。
(『秘録 陸軍中野学校』畠山清行著、保阪正康編)

中野学校小野田寛郎
 ジャコメッリは西暦2000年に75歳で死んだ。デジタルカメラが登場し、モノクロームフィルムがカメラ屋の店頭からほとんど姿を消し、世界が色で溢れかえる時代までかれは生きたが、しかし最後まで色をつかうことはなかった。実験的に試みたことすらあったかどうか。かくも色の氾濫する時代にあって、かれは頑固なまでにモノクロームにこだわり、白と黒の世界に「時間と死」を閉じこめつづけ、そうすることで「時間と死」を想像し思弁する自由をたもちつづけた。「時間と死」はジャコメッリにより息づいたのである。(『私とマリオ・ジャコメッリ 〈生〉と〈死〉のあわいを見つめて』辺見庸)
【GDPとGNPの違い】

 日本人歌手のアメリカ公演
 ……日本のGNPには入るが、日本のGDPには入らない。(アメリカのGDPに入る)

 アメリカ人歌手の日本公演
 ……日本のGDPには入るが、日本のGNPには入らない。(アメリカのGDPに入らない)

(『図解雑学 マクロ経済学』井堀利宏)
 ペーパーマネーの行き過ぎで崩壊する世界経済なのですから、元に戻す、いわゆる実体を持った通貨制度に復活しよう、という議論が起こってくるに違いありません。100%の金本位制が不可能であっても、たとえば中央銀行はその通貨発行の20%の金(ゴールド)の保有を義務づけるといった方針が、突然アメリカから提案、決定される可能性が十分あります。ニクソンショック後に行った通貨制度が機能し得なくなっているのだから、ニクソンショック以前に戻す、いわゆる「逆ニクソンショック」これは将来、「オバマショック」と言われるかもしれません。世界を震撼させるウルトラCが、突然やってくるのです。(『恐慌第2幕 世界は悪性インフレの地獄に堕ちる朝倉慶