草が目覚めて
 夜が涙を流していたと
 確信した
(セルバン-ジョルジュ・パトリシウ 14才 ルーマニア)

(『地球歳時記'90 世界こども「ハイク」コンテスト'90』日航財団編)
 ところが、アジア太平洋戦争という大消耗戦において、国家財政はさらに逼迫(ひっぱく)する。政府はこの苦境を乗り切るために、郵貯簡保に加えて、次なる預金部への強制預入制度の導入に踏み切る。それが「厚生年金」である。(『「お金」崩壊青木秀和
 古代ギリシアから今日に到るまで、多くの人々によって唱えられてきた死をめぐる箴言(しんげん)がある。“人は自分の死を体験できない。体験できるのは他者の死だけである”。この箴言が妥当視されてきたからこそ、古代の宗教祭典において人々は動物や時には人間の惨殺を凝視することで自身の死を疑似的に体験し、中世社会では「メメント・モリ(死を想え)」が時代的な標語となった。(『死は共鳴する 脳死・臓器移植の深みへ』小松美彦)
鎌倉時代の)人口を抑制した要因として考えられるのは戦争と飢饉である。1181~82年(源頼朝の挙兵養和の飢饉)、1231年(寛喜の飢饉)、1258~59年(正嘉の飢饉)と短い期間に集中して起きた3つの大きな飢饉により、この期間の死亡率は上昇したと推測される。(『図説 人口で見る日本史』鬼頭宏)
 ジェロニモについて行きたければついけ行けばいいし、いきたくなければ、行かなくていい。一人ひとりに権限があるので、それぞれがやりたいようにする。「するべきだ」という言葉はアパッチ族の言語に存在しない。「強制する」という概念は、彼らには理解しがたいものだ。(『ヒトデはクモよりなぜ強い 21世紀はリーダーなき組織が勝つオリ・ブラフマン、ロッド・A・ベックストローム:糸井恵訳)

インディアン
 彼らは相場観に基づいたトレーディングはけっして行なわない。
「マーケットで成功するには、市場に身を任せることです」
 身を任せるということは、ある意味では放棄することです。それは、マーケットに対する意見、判断、そして結論をすべて放棄することです。これは大変難しいことなのです。
(『ワイルダーのアダムセオリー 未来の値動きがわかる究極の再帰理論』J・ウエルズ・ワイルダー・ジュニア:長尾慎太郎訳)
 日本に手持ちのドルを売り切らせる作戦として、日本の国家破綻に煽られ円高が最も進んだ段階でドル資産の売却をしてくれれば、日本にとって最大の実現損となり、それはとりもなおさず米国にとって最大の実現益となる。借金から解放されて身軽になった米国はまた新たな借金をすべく、ドル高のステージを演出して世界中から資金を集めることだろう。今でも世界最大の米国の金保有額であるが、そして2011年になってメキシコ中銀までもが100トンほど金を購入していたことがIMFのデータによって明らかとなった。地域通貨(※アメロ)としての金本位制度復活ならば辻褄があう。それでも現代の経済規模から考えると、かつてのような100%の本位制では実物の金が足りないため、部分本位制を採用するしかない。(『為替占領 もうひとつの8.15 変動相場制に仕掛らけれたシステム岩本沙弓

為替ゴールド