ハードラーとしての私の人生は、ここから始まりました。ハードルを選んだのは決して前向きな気持ちからではありません。そうしなければ生き延びられなかったのです。(『インベストメントハードラー』為末大)