「ろくでなしは、はじめたことを終わらせた例(ためし)がない」(『守護者(キーパー)グレッグ・ルッカ