「展開の果てしなき可能性、それこそが無限だと考えるのです」(『無限論の教室野矢茂樹